BCAAって飲む必要あるの?

ハイターイnissyです。

タンパク質が体にとって必要な栄養素だという事は理解している方も多いはず
そのタンパク質は約20種類のアミノ酸で出来ていて
その中のバリン、ロイシン、イソロイシンをBCAAといいます!
・・・私も最初は理解に苦しみました・・・つまり、例えるなら

タンパク質=ジャニーズ事務所
アミノ酸=Hey! SayJUMP
BCAA=中島裕翔、山田涼介、知念侑李

てな感じでしょうか、、、
個々でもドラマや司会、コメンテータとしても活躍し
もちろんグループとしてもヒットチャートを飛ばしコンサートでも大成功を収めている
そんな多数のグループの活躍でジャニーズは成り立っている
そしてたくさんの人々に勇気と感動を与え
明日からもまた頑張ろうという活力になっているわけなんです

話、ついてきてます?

えっと、端的にいうとBCAA等のアミノ酸の集合体がタンパク質であり
タンパク質の活躍で私たち体は作られているということ・・・

BCAAが何なのか理解して頂いたところで次へいきます
ではBCAAは体に何をしてくれるのかそれがいまいち解らないところ!

調べると下記のようなことが期待できるようだった
◉運動後や運動中の筋肉を再生、増進
◉疲労感、筋肉痛も軽減できる
◉集中力の維持
◉エネルギー源にもなる

筋肉を再生、増進というのは
運動によって傷ついた筋肉は栄養を摂取して回復し、成長する
その成長時にタンパク質が筋肉を合成させるのだが
BCAAには筋タンパク質合成を促す作用があるという事だった
さらにBCAAは筋肉中のタンパク質分解まで抑えるらしい
つまり、筋肉の分解を抑えつつ増やす役割という事で
筋肉にとってとても大切な存在という事だ!

さらに、疲労感・筋肉痛も軽減するのだから運動には必須だ
運動後、筋肉は傷つく。それを修復する為に炎症が起こることで痛みになる。
BCAAの摂取が筋損傷の軽減につながり筋肉痛の軽減されるというわけ
子供の行事で急に走れと言われそうな時、明日・・・二日後のために
是非、飲んでおくと良さそうだ

集中力は血液中のトリプトファンというアミノ酸が関係しているらしい
難しいワードが立ち並ぶ解説ばかりであったが
要約すると血液中でBCAAとトリプトファンがバランスをとっている
BCAAが減っていくとトリプトファンが相対的に比率が高くなり
集中力が途切れる原因となる。
つまりBCAAを摂っておけばトリプトファンが相対的に抑えられ
集中力が維持されやすくなるというわけ
運動以外にも集中力が必要な場面で役に立ちそうだ

そして本来、アミノ酸は体の材料にはなるがエネルギー源にはなりにくい素材
しかし、BCAAは血液中にもあり
エネルギー源としても役に立ち、持久系の競技に役に立つらしい
後半のキツイ時に最後の力を振り絞れる!
これからの季節マラソン大会に出る方!必見!

しかし、アミノ酸であるBCAAはアミノ酸の集合体であるタンパク質
つまり、プロテインに含まれているものだから
別での摂取は必要ないのでは?
と感じていた私・・・しかし摂取タイミングにおいて
プロテインだけではカバーできないことも分かった

プロテインの摂取は運動、トレーニング後30分以内がゴールデンタイムだが
集中力の維持、エネルギーとしても必要なBCAAは
運動、トレーニング前に摂取しておくといい
さらに、運動中、運動後の回数を分けての摂取をお勧めしている

アミノ酸は肝臓で解毒され腎臓でろ過されるため、
過剰摂取は内臓への負担があるが
BCAAは肝臓をほとんどスルーし筋肉で代謝される特徴があるので
他のアミノ酸のように体への負担を心配しなくてもいい
だから、複数回の摂取も大丈夫ってわけ
ちなみに1回の摂取では3~5g程度でいいそうです

BCAAについて理解を深めると、運動やトレーニングだけじゃない
久々に動かなければいけないお父さんお母さん、
仕事や勉強等の大事な場面、普段の生活にも必要なものだと解った

毎週の月9が心の活力となるように
BCAAは体の活力になるという事ですね

今週も1週間頑張りましょー

ーー追記

圧倒的コスパ【ライトシリーズ】にBCAAsが新登場!

圧倒的コスパ【ライトシリーズ】にBCAAsが新登場✨

2018.12.05