ダイエット

GLP-1ダイエットの効果ってどれくらい?安全なの?副作用は?

ダイエットには様々なものが登場していますが、GLP-1ダイエットもまた、注目を集めるダイエット法の一つです。

実際にどのようなダイエットなのか、その特徴やメリット・デメリット、さらにはGLP-1ダイエットが向いている人など様々な点から見てみるとしましょう。


肝臓に作用して血糖をコントロールし、食欲中枢に働きかける効果があるGLP-1。
その力を活用したダイエットを提供するリアラクリニックGLP-1がおすすめです。

リアラクリニックGLP-1の詳細はコチラ!

GLP-1って?

GLP-1とは、グルカゴン様ペプチド-1と呼ばれるインクレチンです。

インクレチンはホルモンの一種で、インスリンの分泌促進効果を持っており、ダイエットよりもむしろ2型糖尿病に対しての治療薬として注目を集めています。

インスリンは血糖値を下げる働きがあるホルモンであることから、糖尿病に対しての効果が期待されている成分。

さらにはダイエットに対しても効果があるのではとの期待が寄せられています。

ちなみにすべて元々人間の体の中でも産出されているものなので、体に負担を与えるようなものではありません。

その点もGLP-1が注目を集めている理由です。

GLP-1のダイエット効果は?

GLP-1ダイエットとは、GLP-1を用いたダイエット。

つまり、医療ダイエットになります。

ダイエットには様々な方法がありますが、多くのダイエットが基本的には自助です。

自らの努力・労力によってダイエット効果を見込むものですが、GLP-1ダイエットは医療になります。

そのため、自らのダイエットでは効果が得られない人や、自分の知識だけではなく、医学的見地に基づく確かなダイエットをこなしたい人に向いているダイエットです。

実際、GLP-1ダイエットに取り組んだ人からの「効果が出た」「食欲が抑えられた」といった口コミも多々見受けられます。

このことから、一定の効果を上げているダイエット方法と考えてよいでしょう。

GLP-1によるダイエットのメリット

GLP-1ダイエットにはどのようなメリットがあるのか、いくつかご紹介しましょう。

食欲のコントロールによるダイエット失敗リスクの低さ

GLP-1ダイエットは、GLP-1を体に投与することでダイエットをもたらします。

決して痩せるための薬ではなく、食欲減退注射効果による減量をもたらすメカニズム。

そのため、失敗のリスクが低いです。

例えば運動のダイエットの場合、運動の負荷が強ければ毎日の継続が難しくなり、次第にトレーニングのモチベーションが低下してダイエットそのものが失敗してしまうこともあります。

また、食事制限であれば本当は食欲があるものの、コントロールしなければなりません。

そのため、我慢の限界を迎えてそれまでの食指制限の反動のように食べ過ぎてしまい、リバウンドして失敗するケースも。

B-Kitchennosh-ナッシュのような食材業者が注目を集めているのもそのためです。

その点GLP-1ダイエットは、食欲そのものをコントロールしますので、いわば「意識してダイエットする」というよりも、自然と食事そのものが減り、ダイエットをもたらすもの。

我慢したり過度な負荷をかけたりといったものではありませんので、失敗リスクが低いです。

基礎代謝向上による太りにくい体質への変貌

GLP-1を体内に投与することで体内のGLP-1の分泌量が増えます。

GLP-1の分泌量は多いと基礎代謝が増える効果もあることから、ダイエット効果だけではなく、太りにくい体となります。

基礎代謝が高ければ高いほど、何もせずとも消費されるカロリーが増えますので、寝ている間に消費されるカロリーも増え、太りにくい体となっていくのです。

継続しやすい

GLP-1ダイエットは過度な食事制限や運動を課すものではありません。

投与することで、体内のGLP-1分泌量を増やすことで食欲をコントロール。

結果、ダイエットに繋がるものです。

そのため、継続しやすい点もメリット。いわば、日常生活に無理なく溶け込むダイエット方法です。

食事や運動の場合、日常生活の中で新たに時間を割いて、無理をしなければなりません。

それまでのライフスタイルを見直すダイエットは、どうしても毎日に負担を与えますので継続が難しいものです。

しかし、GLP-1ダイエットであればライフスタイルを見直す必要性がありません。

GLP-1によるダイエットのデメリット

メリットもあればデメリットもあるものですが、GLP-1ダイエットのデメリットは、一人では開始できない点にあります。

例えば運動や食事制限など、一般的なダイエット方法であれば、今すぐにでも開始できます。

自分のやる気次第で、すぐに取り掛かることができます。

しかし、GLP-1はまずはGLP-1を入手しなければなりません。

もちろん費用も掛かります。

あくまでも食事制限や運動でのダイエットと比較するという話ではありますが、まずはGLP-1の入手から始めなければなりません。

そのため、自分のモチベーションをすぐに行動に移すことができないケースもあります。

また、注射による投与の場合、注射が苦手な人にとっては決断が鈍る点もデメリットです。

GLP-1ダイエットはどんなタイプの人に効果的?

人それぞれ向き不向きがあるものですが、GLP-1ダイエットが向いている人は主に下記のようなタイプの人になります。

肥満患者にGLP-1は効果的

肥満で悩んでいる人はGLP-1ダイエットの効果が期待できます。

なぜなら、食欲そのものをコントロールするGLP-1ダイエットであれば、過度な運動も食事制限も無用です。

肥満で悩んでいる人の多くは、食欲旺盛で、かつ運動能力が低下しています。

そのため、運動によるダイエットでは自分自身を痛めることにもなりかねません。

実際、肥満で悩んでいる人が一念発起してウォーキングやランニングに励んだところ、ダイエット効果が出るよりも先に膝を痛めてしまうケースは珍しくありません。

重い体を支えているのです。

運動で負荷を与えれば、膝等の関節に負担がかかり、体を痛めつけることにもなりかねません。

さらには食欲旺盛の人に食欲を抑えるよう指示しても、なかなか難しいものです。

できたとしても我慢が伴うものですので、ストレスを抱えることになり、いつしかストレスが爆発して暴飲暴食。結果、それまでの努力が水の泡…。

なんてケースも珍しくありませんが、GLP-1ダイエットであれば無意識に食欲抑制となりますので、肥満で悩んでいる人でも自然とダイエットを促進できます。

運動が苦手な人

決して肥満で悩んでいる訳ではないものの、運動が苦手な人もGLP-1ダイエットの効果が期待できます。

運動が苦手な場合、運動によるダイエットは持続性に期待できません。

運動そのものが大きな負担となってしまいますので、結局はモチベーションの低下と共に、運動機会が少なくなっていくことでしょう。

しかし、GLP-1ダイエットであれば運動能力は関係ありません。

運動が苦手でも得意でも、運動に頼るのではなく、食欲コントロールによるダイエットになりますので、負担のないダイエットを継続することで結果を得やすくなります。

普段から間食や過食を行っている人

間食や過食が多い人にもGLP-1ダイエットは効果が期待できます。

間食・過食共に、いわば食欲をコントロールできていないからこそ。

食べたら太る、体に悪いと分かっていても、食欲に負けて食べてしまう。

この繰り返しが増量を招き、ダイエットに迫られているのではないでしょうか。

しかし、GLP-1ダイエットであれば食欲を抑えてコントロールします。

間食や過食の防止に繋がりますので、ダイエット効果も期待できるという訳です。

GLP-1ダイエットに副作用は?

GLP-1を投与することで食欲を抑制し、ダイエット効果を促進するGLP-1ダイエット。

運動する訳でもなければ、過度な食事制限を課すものでもないことから、注目を集めています。

しかし、その一方で懸念されているのが副作用です。

GLP-1を投与しますので、何らかの影響があるのではと考える人が多いのも当然ですが、GLP-1は副作用の心配はほとんどないと考えてよいでしょう。

胃腸障害が散見されるも1%

GLP-1ダイエットに関しては、副作用の可能性は1%程度とされています。

つまり、「絶対に副作用は起きない」と断言できないものの、極めて低い可能性であることが分かります。また、副作用に関しても胃腸障害とされています。

1%という数字、そして胃腸障害。これらに関してどのような感想を抱くかは人それぞれですが、そもそもGLP-1は元々体内で分泌されているもの。

体の中にはない異物を投入するものではありません。

医師の診療が重要

GLP-1ダイエットは副作用リスクも低く、かつダイエットに効果的とされている理由の一つに、医師の診断が挙げられます。

GLP-1は、メディカルダイエット、医療用ダイエットと呼称されることもあるように、医学的見地に則ったダイエットです。

気合や根性といった曖昧かつ個人差の顕著なものではなく、医学を頼ったダイエットです。

そのため、医師が診療し、GLP-1ダイエットを行うべきかを判断します。

その点では、他のどのダイエットよりも安全性の高いダイエットと考えることもできます。

その他のオプションもある

GLP-1ダイエットは、「代替え案」もあります。

GLP-1が決して体に負担をかけるものではないことは分かっていただけたかと思いますが、他にも方法があり、それらを用いることでGLP-1ダイエットに近い効果が期待できます。

リパーゼ阻害薬

胃、すい臓から分泌されるリパーゼは、中性脂肪を分解する消化酵素。

その阻害薬ということで、吸収した脂肪を分解するのではなく、そのまま体外に排出されるよう体に働きかけます。

食欲をコントロールするGLP-1とは働きが異なりますが、ダイエットや過度な食事制限を課さない点が似ています。

食欲抑制剤

その名称からもわかるように、食欲の抑制剤です。

食欲調節中枢に作用することで食欲と共に消化吸収を抑え、さらには消費エネルギーの促進作用もあります。

これらの特徴はGLP-1に似ていますが、脂肪の吸収を抑える効果が期待できる点もポイント。

実に摂取脂肪の50%をカットするので、脂肪の体内への蓄積を抑制する効果も期待できます。

SGLT2阻害薬

尿細管からグルコース再吸収90%を担っているSGLT2を阻害する薬です。

グルーコスを尿に排泄することで体重減少効果を狙うもので、食欲抑制効果はありません。

阻害薬を用いることで1日におよそ300~400カロリーの体外への排泄効果が期待できます。

GLP-1の薬について

GLP-1ダイエットとは、GLP-1受容体作動薬を指しますが、実はいくつかの種類があります。

そのため、GLP-1ダイエットにもいくつかの選択肢がありますので、それぞれどのような薬なのか覚えておくと良いでしょう。

ビクトーザ

こちらはGLP-1の注射薬になります。

毎日1回の注射が必要です。

注射時の投与量は0.3mg刻みで0.3mg~1.8mgの範囲で調節が可能。

細かい投与量となりますので、より慎重にGLP-1ダイエットに取り組むことができるでしょう。

サクセンダ

しばしビクトーザと混同されているサクセンダ。

ビクトーザ同様、1日1回の投与が必要な注射薬です。

元々糖尿病治療薬として開発されたビクトーザに対し、肥満症の治療薬として開発されたのがサクセンダです。

そのため、0.6mgから0.6mg刻みで3.0mgまで投与量を調節できるので、ビクトーザよりも強い効果が得られるとされています。

オザンピック

ビクトーザやサクセンダ同様、注射薬ではありますが、オザンピックはセマグルチドを有効成分としていることで、週に一度の注射でも良い点が特徴。

作用時間が長いからこそ、毎日の注射が面倒な人におすすめ。

リベルサス

オザンピック同様、セマグルチドを主成分としているのですが、先に紹介した薬と異なる点として、唯一内服薬である点です。

先に紹介した3種類の薬はすべて注射での投与となっているのですが、リベルサスのみ内服薬。

そのため、注射が苦手だけどGLP-1に興味がある人のニーズにマッチしています。

GLP-1でのダイエットは効果的!チャレンジする価値がある方法!

GLP-1ダイエット、そして効果について様々な角度からみてみました。

元々体内にあるホルモンを投与することで低い副作用の中で食欲をコントール。

過度な運動や食事制限を課すことなくダイエット効果が期待できる手法です。

また、GLP-1ダイエットにもそれぞれ微妙に異なる4種類の薬があります。

つまり、GLP-1ダイエットにも選択肢があります。

リアラクリニックGLP-1のように、GLP-1ダイエットを売りにしているところも。

過度な運動や食事制限は無理だけど、でもダイエットに興味があるという人は、GLP-1ダイエットが期待できます。

GLP-1ダイエットを含めた自分にマッチした手法でダイエットに励んでみるのも良いのではないでしょうか。


肝臓に作用して血糖をコントロールし、食欲中枢に働きかける効果があるGLP-1。
その力を活用したダイエットを提供するリアラクリニックGLP-1がおすすめです。

リアラクリニックGLP-1の詳細はコチラ!

-ダイエット
-, , , ,

© 2021 ACTIVE LIFE NAVIGATOR Powered by AFFINGER5