青汁ダイエットは痩せる?飲み続けた結果や効果から飲んではいけない人まで詳しく解説

青汁ダイエットは痩せるの?
飲み続けたらどうなるの?

健康飲料の代表的存在として多くの人が1番に思い浮かべる青汁。

栄養満点で栄養バランスが偏りがちな人や、忙しくてなかなか野菜を自炊で用意できない人が、手軽に健康のために取り入れているイメージがありますね。

また、中高年の方で、いつまでも若々しく過ごしたいと、日常的に飲んで健康の維持をしている人も多いですよね。

そんな青汁ですが、実はダイエットになるのでは?と話題です。

ダイエットを始めてみたいという人、青汁を飲む習慣を取り入れてみたいと思っている人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

青汁ダイエット人気ランキング

1位 2位 3位
青汁ダイエット_ドクターベジフル青汁の画像 青汁ダイエット_めっちゃ乳酸菌フルーツ青汁の画像 青汁ダイエット_ふるさと青汁の画像
商品名 ドクターベジフル青汁 めっちゃ乳酸菌フルーツ青汁 ふるさと青汁
ポイント 野菜嫌いでもごくごく飲める 腸まで届く乳酸菌 抹茶風味で美味しく飲める
公式サイト こちら こちら こちら

青汁でダイエットはできるの?

青汁ダイエット_青汁でダイエットはできるの?

結論から言って、低カロリーで栄養抜群な青汁ですがすぐに大幅減量できると言った効果はありません。

ただし、商品によってはそして基本のダイエットに加える形で、あくまでも補助的に青汁を活用するとより効果的に、そして健康的にダイエットを行うことができるようになります。

同じ「青汁」という名称でありながら様々な商品が出回っているので、含まれている栄養成分が豊富なものやダイエットに効果がある成分が配合されているものを選ぶことが重要になります。

どの青汁を選べばいいか迷ったら「保健機能食品」として販売されている商品を選ぶのが確実でしょう。

保険機能食品は「特定保健用食品」「栄養機能食品」「機能性表示食品」の3種類がありますが、いずれもそれぞれに定められた基準が設けられています。

たとえば「お腹の調子を整える」と謳ったものが挙げられます。

これは、甘味料のかわりにオリゴ糖を添加したり食物繊維を添加したりすることによって認められることが多いようです。

栄養成分の含有量が詳細まで公開されているものであれば、保健機能食品以外から選択するのも良いでしょう。

いずれにしても、あくまでも青汁は医薬品ではなく食品なので、飲んだ際の効能・効果の現れ方は緩やかだと考えておきましょう。

特定保健用食品とは、生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含む食品のことです。
消費者庁長官の許可を得ることで、特定の保健の用途に適する旨を表示できるようになります。

栄養機能食品とは、人の生命・健康の維持に必要な特定の栄養素の補給のために利用されることを目的とした食品で、科学的根拠が充分にある栄養機能について表示することができます。
栄養素の名称と機能だけでなく、日本人の食事摂取基準に基づいた一日の摂取目安量や摂取上の注意事項も表示する義務があります。

機能性表示食品とは、保健機能を表示することができる食品です。
消費者庁長官の個別の許可を受けたものではなく、事業者の責任で保健機能を表示します。
保健機能の有効性の科学的根拠や安全性などの情報を事業者が消費者庁へ「届出」を行うことが決められています。

青汁ダイエット_ドクターベジフル青汁の画像

青汁のカロリー

青汁ダイエット_青汁のカロリー

青汁の平均的なカロリーは一杯あたり10kcalです。

これを他の一般的な飲み物と比較してみると次のようになります。

コーラ 約45kcal
カフェオレ 約72kcal
コーヒー(無糖) 0kcal
ミネラルウォーター 0kcal

ただし、原材料に果物や糖分が加えられているとそのぶんカロリーが高くなってしまうこともあるので、商品ごとにばらつきがあるというのが実際のところです。

ただ、清涼飲料水や砂糖入りの飲みものを飲むよりも遥かに低カロリーで栄養が多いことは確かです。

青汁が低カロリーなのはその原材料に理由があります。

文部科学省の「日本食品標準成分表」によると、青汁の主な材料のカロリーは、100gあたり明日葉は33kcal、ケールは28 kcal、そして小松菜は14kcalとなっています。

こうした低カロリー食材を主な材料にしているので、汁もヘルシーなのです。

青汁ダイエット_ドクターベジフル青汁の画像

青汁の特徴

青汁ダイエット_青汁の特徴

青汁の特徴は、飲むことによって次のような良い影響が体に現れると言われています。

青汁の特徴
  • アンチエイジングと美肌効果
  • 便秘解消
  • むくみ解消
  • 免疫力向上
  • 高血圧予防
  • 動脈硬化予防

それぞれの特徴を見ていきましょう。

アンチエイジングと美肌効果

青汁にはアンチエイジングと美肌効果があるとされています。

この2つに影響を与えている栄養素は以下の通りです。

効果 栄養素
アンチエイジング βカロテン、ビタミンC、ビタミンE、SOD酵素
美肌効果 ビタミンC

便秘解消

食物繊維が腸のぜん動運動を促進します。

むくみ解消

カリウムが浸透圧を下げることで体内の水分のバランスを調整してくれます。

免疫力向上

腸内環境が整うことにより免疫機能が向上します。

高血圧予防

カリウムが浸透圧を下げることで余分な塩分を体外に排出してくれます。

動脈硬化予防

食物繊維が血液中の悪玉コレステロールを下げることが期待されています。

健康のためにもジュースを青汁に置き換えるなど、スモールステップで青汁を生活の中に取り入れてみても良いでしょう。

ドクターベジフル青汁

青汁のダイエット効果

青汁ダイエット_青汁のダイエット効果

青汁のダイエット効果には次のようなものがあります。

青汁のダイエット効果
  • 血糖値の急上昇を抑える
  • 便通の改善
  • ダイエットで不足する栄養を補う

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

血糖値の急上昇を抑える

青汁ダイエットの効果として、第1に「血糖値の急上昇を抑える働きがある」ということが挙げられます。

しっかりと原材料本来の食物繊維が残っている自然のままの青汁であればその効果も大きくなります。

具体的に青汁に含まれる食物繊維がなぜ良いのかですが、実は、青汁に含まれる水溶性食物繊維は生活習慣の乱れで起きる血糖値やコレステロール値の上昇を抑えてくれると言われているのです。

便通の改善

青汁ダイエットの第2の効果として「便通の改善」が挙げられます。

青汁は便通の改善にも一役買ってくれる可能性があります。

粉末に加工されていると、原材料本来の食物繊維がどれだけ残っているかが商品によります。

ただ、食物繊維が多く残っている自然派の青汁商品であれば、腸内環境を整え、体の回りが良くなることでダイエットにつながるでしょう。

また、甘味をつけるのに、砂糖ではなく乳酸菌やオリゴ糖を使っている場合、これらも腸内を整えてくれる成分ですので便通の改善につながります。

飲みやすさのために甘味が添加された青汁を選ぶ場合は、人工甘味料よりも乳酸菌やオリゴ糖が入っているものを選ぶようにしましょう。

ダイエットで不足する栄養を補う

青汁ダイエットの第3の効果は「ダイエットで不足する栄養を補うことができる」ということです。

ダイエットは、食事制限を行う事も多いのでどうしても栄養が不足しがちです。

そのため、食事からではとりきれない成分を青汁で補うのは良い方法でしょう。

カロリーカットのつもりで食べる量を減らしていても、必要なビタミンまで不足してしまっては痩せても肌ツヤや元気がなく、健康的に痩せたとは言い難い体になってしまいます。

健康的にダイエットを成功させるためにも、栄養はしっかりと取ることが大切ですので、ぜひ青汁を取り入れてみましょう。

ドクターベジフル青汁

青汁ダイエットのやり方と飲み方

青汁ダイエット_青汁ダイエットのやり方と飲み方

それでは、ここからは青汁ダイエットの具体的な方法と飲み方について紹介します。

いくつか効果的な方法があるので試してみてください。

青汁ダイエットの方法と飲み方
  • 食事の前に飲む
  • 食事と置き換える
  • おやつにする

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

食事の前に飲む

1つ目に紹介するのは「食事の前に飲む」という方法です。

食事の前に青汁を飲むのは効果的な方法です。

その理由は2つあります。

第1に、青汁は野菜を原料とした飲み物なのでGI値が低いという理由が挙げられます。

GI値とは
食後血糖値の上昇を間接的に示す指標で「グライセミック・インデックス」(Glycemic Index)のことです。

食品による血糖値の上がり方の違いがみられます。

一時期は低GI食品がダイエットに良いということで食物繊維やデキストリンを加えた食品が人気になっていたり、GI値の低いものから先に食べ、GI値が上がりやすい食べ物を最後の方に食べる「食べ順ダイエット」が流行ったりもしていました。

血糖値が上がりやすいのは、すぐエネルギーになりやすいごはんやパン、果物、砂糖などの炭水化物の多い食べものです。

それに対して、青汁の原料である葉物類は、一般にGI値が低く血糖値の上昇は緩やかな傾向にあります。

そのため、食事の最初に取ることで血糖値の急上昇や急降下を防げるので、食欲を安定させることができて食べる量をコントロールしやすくなります。

もう一つの理由は、先に満腹感を得ておくことで食事の量をセーブできることです。

食事の前にプロテインや水、置き換えドリンクを飲む方法もありますが、先にお腹を満たしておくという意味では同じ理屈です。

特に、食物繊維を多く含む青汁であれば、食事の前に取ることでより一層満腹感を得ることができるのでおすすめです。

食事と置き換える

3食全てを青汁にするのは健康上お勧めできませんが、1食程度であれば青汁に置き換えてみるのは一つの方法でしょう。

たとえば、昼食にカツ丼やラーメンの定食をオフィス近くで頼んで食べるという人もいるかもしれません。

そうした場合、昼食のカロリーはゆうに500〜700kcalは摂ってしまうことになります。

これを10kcalの青汁に置き換えると、毎日数百kcalをカットすることにつながります。

実際には代謝やホルモンバランスも関係するので、あくまでも概算ですが、1kgの体脂肪を減らすために消費すべきカロリーはおよそ7200kcalと言われていますから、この置き換えを毎日実践することで、半月で約1kg程度の体脂肪を減らせる計算になります。

もしくは、朝ごはんを食べない人であれば朝食がわりに青汁を飲むのも良いでしょう。

食事のリズムが整い生活習慣が改善され、青汁の栄養も取ることができるので一石二鳥です。

食事を置き換える分、食事で摂っていた炭水化物や脂質だけでなく体を作るのに必要なタンパク質も青汁に置き換わってしまうことになりますので、置き換えとして青汁を飲む場合はそのほかの通常の食事でタンパク質を意識的に摂取するようにしましょう。

もしくは青汁を牛乳や豆乳で割っ、タンパク質を一緒に摂れるようにしましょう。

おやつにする

おやつの置き換えに青汁を飲むのはとても良い方法です。

スナック類は糖質や脂質が多いものの、体に必要な栄養素はほとんど含まれていません。

カロリーがしっかり合っても、ビタミンやミネラル、タンパク質などの栄養素が摂れないと体が「カロリーは足りているのに栄養失調」という状態になり、栄養を欲して食欲は治らなくなってしまいます。

そこで、栄養たっぷりで低カロリーの青汁をおやつの代わりにすることで程よい満足感を得ることができます。

食欲が落ち着き全体的に暴飲暴食が減らせれば、間接的にカロリーカットが期待できます。

最近では、フルーツ味やきな粉味、黒糖味、抹茶ラテ味など、おやつ感覚で飲むことのできる青汁商品がたくさんあるので、気分によって飲み分けても楽しいですね。

ドクターベジフル青汁

青汁を飲み続けた結果

青汁ダイエット_青汁を飲み続けた結果

それでは、青汁を飲み続けた人たちの結果や口コミは以下の通りです。

(20代/女性)

飲み始めてすぐに実感したことはお通じが良くなったことです。
一日1回または二日に1回だったのが一日2回午前と午後。
普段からヨーグルトなど乳酸菌を取っていなかったので腸内環境が改善されたのと国産野菜の食物繊維のおかげかも。
胃の調子もすごく良いです。
たまになっていた逆流性食道炎も今は皆無です。

出典:http://www.shiraishiyakuhin.com/contents/2017/05/02/aojiruimpressions/

(30代/男性)

人間ドックで悪玉コレステロール値が薬を飲むレベルと言われ、更年期で日々体調が変動するのに薬を飲み副作用が現れるのかもしれないのが嫌だったので3ヶ月後の再採血までこちらを試してみようと思い1日3包飲み続け3ヶ月後正常値まで下がった!

出典:https://www.amazon.co.jp/-/en/gp/customer-reviews/R1TJ6XG3I8MY2B?ASIN=B07NBN15KZ

ただし、青汁ダイエットにも注意点があります。

青汁ダイエットの注意点

青汁ダイエット_青汁ダイエットの注意点

さまざまな美容・健康への効果がありメリットがたくさんの青汁ですが、いくつか注意点もあります。

第1に、市販の青汁は加工しているためその過程で失われてしまう栄養素もあるということです。

本来青汁は、栄養価の高い生の緑黄色野菜を絞った汁を意味します。

しかし、市販の青汁は粉末タイプが多く、粉末加工する製造工程で、青汁の原料本来の栄養素は大きく失われてしまうため、青汁だけで野菜と同等の栄養素を補うことは不可能です。

特に、熱に弱い酵素やビタミンCなどは殺菌などのために加熱処理が施されることで壊されてしまいます。

先に説明した食物繊維についても、加工の過程で除かれてしまっている場合もあるので、パッケージの成分表をチェックするようにしましょう。

どうしても野菜そのものの栄養素が1スティックの青汁粉末に凝縮されていると思いがちですが、実際は原材料そのままの栄養が全て取れるわけではないことを理解しておきましょう。

こうした意味でも、青汁だけでダイエットや健康維持を目指すのは、栄養が不足してしまうのでおすすめできません。

そもそも、成人が1日に食べることを推奨されている野菜の量は350gだと言われています。

この量を青汁1杯だけで補うことは難しいです。

忙しい朝や外食続きで野菜不足が気になる際に青汁を「プラス」するなど、あくまで日々の食事の補助として追加しましょう。

第2に、青汁を飲んではいけない体質の人もいるということです。

青汁を飲んではいけない人

青汁ダイエット_青汁を飲んではいけない人

青汁を飲んではいけない人もいます。

次のような方は、必ず主治医に相談して指示を仰いで飲むかどうかを決めてください。

青汁を飲んではいけない人
  • 野菜の摂取制限を受けている
  • 腎機能障害がある・人工透析をしている
  • 肝機能障害がある
  • 抗血栓薬を服用している
  • C型肝炎である

特に、高血栓薬を服用している人は注意が必要です。

高血栓薬としてワルファリンを服用している方もおられることでしょう。

ワルファリンは、血液を固める働きのビタミンKを妨げることによって血液をサラサラにする薬です。

青汁にはケールなどに含まれるビタミンKが豊富ですので、ワルファリンの作用を弱めてしまう可能性があるのです。

症状に関わることなので注意してください。

当てはまる方は必ず主治医に相談しましょう。

青汁ダイエットにおすすめの青汁5選

青汁ダイエット_青汁ダイエットにおすすめの青汁

ここからは、ダイエットにおすすめの市販青汁を5つ紹介します。

価格、カロリー、その他成分などを総合的に見てランキングを決定しました。

いずれの商品も飲みやすく仕上がっているので、おいしく飲み続けられるはずです。

ぜひ自分に合った青汁を選んでみてください。

ドクターベジフル青汁

青汁ダイエット_ドクターベジフル青汁の画像

ダイエットにおすすめの市販青汁のランキング第1位にランクインしたのは『ドクターベジフル青汁』です。

商品名 ドクターベジフル青汁
メーカー ナチュレライフ
価格 3500円+税
1杯あたりの価格 10.41kcal
1杯あたりのカロリー 約117円
成分の特徴 野菜由来のルテイン、α-カロテン、β-カロテン、リコピン、アントシアニンなど
ダイエット効果 低カロリー、野菜を多く配合、大豆タンパク配合

ドクターベジフル青汁は、21種類の九州産野菜を「GMP認定工場」で無添加加工した、安心安全・栄養価抜群の青汁です。産地が明記されているのも安心できますね。

公式ホームページでは、それぞれの現象の野菜について生産者の方々の顔もわかるので信頼できます。

バランスよく手軽に栄養成分を摂れるので、単にカロリーカットとしてだけでなくダイエット中の栄養補給にもおすすめです。

GMP認定工場とは?

GMP認定工場とは、Good Manufacturing Practice の略で「適正製造規範」のことです。

原料の受入れ〜最終製品の出荷の全工程において「適正な製造管理と品質管理」をしています。

ドクターベジフル青汁は、2020年モンドセレクションの銀賞を受賞しています。

受賞していることからも分かるとおり、ドクターベジフル青汁は味も美味しく仕上がっています。

きなこや黒糖・かぼちゃなどの自然な味になっており、青汁の飲みにくさを解消しています。

そのため野菜嫌いでもごくごく飲めると評判です。

さらにこれまでには

  • 青汁好きな人がおすすめしたい青汁No.1(2018年)
  • 管理栄養士が選ぶ話題のサプリメント青汁部門No.1(2019年)

と2つのランキングでも1位を獲得しています。

ドクターベジフル青汁は野菜不足を解消するのにうってつけで、ダイエットの補助飲料としてもおすすめです。

そして、黒糖の甘味にも関わらず低カロリーで、飲んでも罪悪感が少ないのもポイントです。

さらに、栄養バランスを考えて良質なタンパク源の大豆も配合しています。

筋トレなどの運動も取り入れながら、健康に引き締めて痩せたいと思っている人に「ドクターベジフル青汁」はぜひ試していただきたいです。

公式ホームページではお得な特別価格での購入も可能になっています。

初回は通常価格から37%も値引きされ、手頃な価格で購入することができるようになっています。

めっちゃ乳酸菌フルーツ青汁

青汁ダイエット_めっちゃ乳酸菌フルーツ青汁の画像

ダイエットにおすすめの市販青汁のランキング第2位にランクインしたのは『乳酸菌7,500億個配合のフルーツジュースのように飲みやすい青汁【めっちゃ乳酸菌フルーツ青汁】』です。

商品名 めっちゃ乳酸菌フルーツ青汁
メーカー 株式会社シエル
価格 6458円+税
1杯あたりの価格 約215円
1杯あたりのカロリー 非公表
成分の特徴 8種のビタミン、9種のミネラル、酵素、乳酸菌配合
ダイエット効果 乳酸菌が含まれており腸活に良い

「めっちゃ乳酸菌フルーツ青汁」には、乳酸菌が1箱あたりなんと500億個も配合されています。

生きたまま腸に届く「有胞子性乳酸菌」、胃酸や胆汁、熱による影響を受けにくい乳酸菌の「ECー12」「BROMA  BJー22」により、腸の善玉菌が元気になり腸内環境を整えます。

ダイエット目的で青汁を飲む習慣を取り入れたいと考えている人にとっては、腸内環境が整うことは大きなメリットと言えるでしょう。

先程青汁ダイエットの効果としてあげた「便通の改善」「腸内環境の改善」を取り求めるなら「めっちゃ乳酸菌フルーツ青汁」はぴったりだと言えます。

体重の数字だけでなく、内側からの健康や美しさも同時に手に入れたいという人はぜひ試してみましょう。

また、他の青汁ではなかなか使われない、スーパーフードのモリンガや北海道産のクマザサが原料なのも、他の青汁商品にはないおすすめポイントです。

フルーツや野菜をふんだんにブレンドしているので、フルーツジュースのような味わいで楽しく飲み続けられます。

ダイエット中は甘いものを制限してしまいがちで、ストレスも溜まりますが、「めっちゃ乳酸菌フルーツ青汁」を生活の中に取り入れることで、程よく甘いものを口にすることもできて楽しくダイエットを続けられそうですね。

公式サイトから申し込むことで、初回89%OFFの特別価格で購入することができます。

ふるさと青汁

青汁ダイエット_ふるさと青汁の画像

ダイエットにおすすめの市販青汁のランキング第3位にランクインしたのは『マイケア「ふるさと青汁」】』です。

商品名 ふるさと青汁
メーカー マイケア約122円
価格 3800円+税
1杯あたりの価格 約122円
1杯あたりのカロリー 11.0kcal
成分の特徴 健康成分LPS、ポリフェノール成分「カルコン」「カリウム」を豊富に含む
ダイエット効果 むくみ解消が期待できる

「ふるさと青汁」は、原産地・八丈島の自然の恵みがたっぷり詰まった貴重な明日葉を三年かけて育てた根っこまで丸ごと青汁にしています。

八丈島の自然の力をたっぷり吸収する明日葉の根っこは、種を蒔いてから収穫まで三年かかる貴重品です。

自然のパワーたっぷりで元気がもらえそうな商品です。

また、桑の葉や大麦若葉をブレンドすることで優しい抹茶風味で美味しく飲むことができます。

「ふるさと青汁」にはカリウムが豊富に含まれています。

カリウムは利尿作用があり、これにより浮腫解消効果も期待出来ます。

スッキリとしたボディライン・フェイスラインを目指す人や、夕方になると足がパンパンになってしまうという人は、ダイエットで「ふるさと青汁」を取り入れてみると、理想の体型に近づきやすくなるかもしれません。

藍の青汁

青汁ダイエット_藍の青汁の画像

ダイエットにおすすめの市販青汁のランキング第4位にランクインしたのは『国産藍をつかった日本初の青汁【藍の青汁】』です。

商品名 藍の青汁
メーカー 純藍
価格 3207円(税込)
1杯あたりの価格 約107円
1杯あたりのカロリー 11kcal
成分の特徴 食物繊維、オリゴ糖、純藍ポリフェノール(特許成分)、鉄分、亜鉛が豊富
ダイエット効果 藍ポリフェノールが血糖値の上昇を抑える

「藍の青汁」はビタミン、ミネラルがたっぷりと含まれている国内有機野菜大麦若葉を配合しています。

さらに古来より健康維持のために伝承されている「桑の葉」や「クマザサ」も贅沢に使用しています。

これによって、食事だけでは不足しがちな野菜の栄養をしっかりと補うことができます。

そして、「藍の青汁」は他の青汁商品では使ってない国産の「藍」を使用しています。

藍を使った飲料に馴染みがなく「藍って何?」「どんな効果があるの?」と思う人も多いかもしれませんが、昔より藍は、食あたり防止や解毒作用といった薬効をごく自然に食生活に役立てられていたのです。

この藍を青汁にプラスすることで、他の青汁にはないオリジナルの味わいを実現。

この商品ならではの魅力となっています。

味だけでなく、健康・美容効果もあるのが藍のすごいところです。

藍はポリフェノールが豊富です。ブルーベリーの3倍ものポリフェノールを含むとも言われています。

そして、研究では、このポリフェノールが血糖値や血圧を下げるという結果が出ています。

そのため、青汁ダイエットで挙げた「血糖値の上昇を抑えることによるダイエット効果が、藍のポリフェノールの効果とも相まって、より期待できると考えられます。

さらに、藍にはケールの2倍もの食物背にも含まれています。

「藍の青汁」は青汁ダイエットの「便通をよくする」効果もより期待しやすいと考えられます。

ダイエットを本気で目指す人は「藍の青汁」を試してみても良いでしょう。

公式サイトではモニター価格での購入もでき通常価格よりもお得です。

すごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH

青汁ダイエット_ゴクリッチの画像

ダイエットにおすすめの市販青汁のランキング第5位にランクインしたのは『すごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH』です。

商品名 すごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH
メーカー SOVANI
価格 8424円
1杯あたりの価格 約280円
1杯あたりのカロリー 11.37kcal
成分の特徴 ミネラル11種、ビタミン13種、酵素エキス64種類
ダイエット効果 低カロリー、BCAA配合

GOKURICHは、一袋あたり11.37kcalの低カロリーなのでダイエット中でも気にせず飲むことができます。

また「GOKURICH」にはプロテインの一種であるBCAAも配合されています。

そのため、食事だけでなく運動も取り入れながらダイエットしたい方や、健康な筋肉はそのままに引き締めて理想の体型を手に入れたい方には、ぜひとも試して欲しい青汁です。

筋トレを日々のダイエットに取り入れている人にとってBCAAは注目の成分ですから、青汁と一緒に摂れるのはとても嬉しいポイントでしょう。

BCAAはアミノ酸の1種なので、BCAAドリンクを筋トレの途中で飲む人も多いと思います。

「GOKURICH」も運動前や運動中に水分・栄養補給として飲んでも良いかもしれませんね。

さらに、脂肪燃焼を促す「カルニチン」が含まれているのもとても嬉しいポイントです。

カルニチンの効果を最大限に発揮するためには「GOKURICH」を運動前に飲むのが良いでしょう。

「GOKURICH」は、食事制限をしていると摂取しにくい美容成分のコラーゲン、プラセンタも配合されており、プロポーションだけでなく肌ツヤも良くしたいという人にはおすすめの青汁です。

不溶性・水溶性の食物繊維を含んでいたり、水分を吸収して38倍に膨張する「サイリウムハスク」を配合していたりするので、腹持ちが良いです。

そのため「GOKURICH」は置き換えダイエットにも向いていると言えるでしょう。

魅力の成分と驚きの低カロリーにも関わらず、味はフルーツ味でとても飲みやすく楽しく飲み続けることができます。

ダイエットしていることを忘れてしまいそうになる美味しさです。

青汁ダイエットに関するよくある質問

青汁ダイエット_青汁ダイエットに関するよくある質問

最後に、青汁ダイエットに関するよくある質問をご紹介していきます。

青汁のおいしい飲み方は?

牛乳や豆乳で割って飲むととても美味しいです。

青汁の効果を最も得ることができる飲むタイミングは?

薬ではないのでいつ飲んでも構いません。

青汁を他のサプリメントや薬と併用しても大丈夫ですか?

サプリメントは問題ございませんが、薬の場合は主治医にご相談下さい。

青汁の作り置きは可能ですか?

冷蔵庫なら一日程は可能ですが、出来る限りその日のうちに飲み切りましょう。

青汁をダイエットのためにたくさん飲むことは可能ですか?

必ずパッケージに書いてある目安量を守りましょう。

青汁ダイエット まとめ

青汁ダイエット_青汁ダイエットのまとめ

いかがでしたか?

今回は青汁ダイエットについて詳しくご紹介してきました。

最近は色々な飲みやすい味のも登場しており、市販でもよく目にするようになって、青汁はすっかり身近な存在になっていますね。

たくさんの商品があって迷ってしまいますが、飲み比べて味を体感してみたり、実際のダイエット効果を検証してみたりして、自分に合ったものを見つけてみてくださいね。

皆さんのダイエットが成功するよう応援しています!

青汁ダイエットは痩せるの?
  • 青汁はダイエットの手助けになる
  • 青汁は低カロリーで栄養価が高い
  • 青汁ダイエットにも様々な方法がある
  • ドクターベジフル青汁なら野菜嫌いでも飲める美味しさ

ドクターベジフル青汁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。