vol.3 子供にプロテイン!必要?~子供のプロテイン活用法~

※₁ハイターイ Nissyです

 ※₁こんにちは

 

さて、みなさん沖縄方言にもだいぶ慣れてきましたか?

今回で【子供とプロテイン】最終章!!

早速、プロテインを活用について私なりに調べ、

出来そうな事をまとめてみた。

ちなみに前回までの記事はこちら

vol.1 子供にプロテイン!必要?~身長を伸ばす栄養素~

2018.06.26

vol.2 子供にプロテイン!必要?~子供とプロテインの噂話~

2018.06.28

ここで確認しておきたいのはプロテインは

「あくまで食事の不足分を補うもの」という事。

子供の成長には沢山の栄養素が必要で、バランスよく食事を取る事が理想だ

食事よりもプロテイン飲んでいるから大丈夫と考えて

そればかりに頼りきる食生活にはならない様にしなければならない。

 

という事を踏まえて

では、どのくらい与えたらよいのか

一日に摂取したいタンパク質量は厚生労働省が発表していて

推奨される量もあるが、基本は体重1キロに対して1グラムを

心がけると良さそうだ。

 

そして摂取のタイミングはどうなのか

就寝前に摂取なら、就寝直前に取ってしまうと

1日を終えた胃や腸に負担をかけてしまい

胃もたれ等をおこしてしまう可能性も・・・

就寝前に摂取するなら寝る30分~1時間前が理想。

 

お風呂を終えての一杯の牛乳に混ぜてあげるのも良さそうだ!

夜寝ている間に分泌される成長ホルモンにタンパク質は必要不可欠

子供の成長に働きかけてくれそうだ。

寝る前なので、冷たいものよりはHOTミルクにして飲むと良い。

 

だが、HOTにすると成分が壊れるのではという疑問が生じた。

なので、調べてみた。

どうやら鍋でグツグツ沸騰させるとなると話は別だが

電子レンジ等で温める程度であれば問題はないそうだ。

牛乳を飲むとお腹がグルグルする人や寝る前に暖をとるのにも

HOTにするのはお勧めだ。

しかしその場合、気を付けて欲しいのは

熱いままシェイクしないこと。

必ず吹き出し、火傷のおそれがあるぞ!

シェイクしたものを温めるか

半分そのままシェイクして温めた牛乳等と混ぜる感じでお試しあれ。

 

でも・・・・・

お風呂は食後の片づけ中だしなぁ~

食事の片づけを終え一杯やっている頃に

またシェイカー、コップ、スプーンを出すのは嫌だなぁ~

また洗わなきゃ・・・と思うのは私だけだろうか・・・

 

ということで、私的に朝が良いかなーと思う

朝は朝食をとらせてはいるが、起きて準備するまでに時間がかかり

食事を半分残して学校へ行ってしまう事もある。

いや、その方が多い。

せっかく準備してるのに腹が立つ!

という不満はおいといて、食事を残されそうな時にも

ささっと作ってあげればグビグビ飲んで、さほど時間もかからないし

足りないタンパク質も補給できそうだ。

牛乳に混ぜてあげれば、一緒にカルシウムも摂れ、

さらに果物があれば糖分、ビタミン・ミネラルまで摂れる

フムフムいい感じの朝食が出来そうだ。

 

朝食は大事だと国をあげて謳われている。

朝食を抜くと集中力がなくなる、脳が上手く動かない、記憶力低下

等の成績に悪影響を及ぼすことばかり。

国をあげて学力向上を目指しているのだろう。

足りないタンパク質を補ってあげて、それらも解消出来るなら一石二鳥だ!!

そして、朝を逃したら間食としておやつであげても良さそうだ。

部活や運動をしている場合

損傷した筋肉がタンパク質によって修復されるので

ベストなタイミングといえるだろう。

ウチの子供達は部活も運動もしていなく

近所で遊んでいるぐらいなのでおやつ程度で考えておこう。

ところで、子供はいつごろまでおやつを欲すのだろうか

そこも疑問だが、それは私の胸に留めて先へ進もう。

 

栄養価の低い甘いおやつを与えてカロリーを増やすよりは

ヘルシーで栄養価の高いおやつを与えた方が良いに決まっている。

今は特にジュニア用のプロテインは飲みやすい風味が多い。

ジュースの代わりにそのまま溶かしてもいいし、

時間があればプロテインパウダーを混ぜたスウィーツを作ってあげたいものだ。

 

料理ベタな私でも出来る簡単レシピはあるだろうか・・・

まずはオーブンを使わない事が条件だな!

フライパンやレンチンか混ぜて固めるだけの様な簡単スィーツ

調べるとパンケーキ、ゼリー、アイスクリーム等々沢山ありそうだった

何が私に出来るか・・・

いつか簡単スィーツも紹介できるように鍛練するとしよう。

 

最後に今回解った事は子供の必要な栄養素はたくさんあり

それらを上手くバランス良く摂ることが一番大切であること。

 

子供の事となると色々心配事や神経質になる事もあるだろう

もちろん口にするものは成分や品質には十分気を付けて選びたい

しかし全ての食事を用意しなければ!

と気張っていても食事だけですべての栄養素をカバーするのは大変

不足している栄養素を摂取しようとして

他の栄養素が過剰摂取になってしまっても逆効果。

 

肩の力を抜いて補助食品、サプリメントを利用し

健やかな成長へつなげてあげる事も一つの方法だ。

自分の子供達には?

と置き換えて何が良くてどこで取り入れたらいいのか

探って試してみるのも楽しいものだ。

アスリートを目指す子、運動をしている子

特に運動はしていないが食が細い子、偏食が多い子

皆それぞれに適した食事、サプリの取り方があるだろう。

 

私の場合、まずは次女に取り入れてみようと思う。

IZMOジュニアプロテインなんて

良さそうだ・・・