vol.1 子供にプロテイン!必要?~身長を伸ばす栄養素~

※₁ハイターイ、グスーヨーチューガナビラ Nissyですよー

※₁こんにちは皆様、ご機嫌いかがですか。

 

私には3姉妹の子供がいます。

アルプロンに入社し色々な栄養素について学ぶが

子供にとってプロテインやサプリメントって

どうなんだろう、大人とはやっぱり違うのか?と感じたので調べてみました。

 

簡単に子供達個々の説明をしたいと思う。

3姉妹の長女は小学4年生で身長145㎝と学年で一番の長身

(3クラスしかないですけど・・・)

体系はぽっちゃり、がっちり系それでいて私に似て運動音痴。

生まれたときは2800gといたって普通だったが

2歳頃から特に運動はしていないが、同級生の中に立つと

一人だけ頭ひとつ飛び出す感じになっていった。

赤ん坊の頃から食に対してガッつく感じで

腹いっぱい食べても甘いもの、果物は別腹!

好き嫌いも少なく何でも食べてくれるタイプ。

 

3姉妹の次女はクラスで並ぶと前から数えた方が早いほど小柄

痩せっぽっちのガリガリだが体を動かすのは好きで

自転車も一輪車も要領をつかむのが上手く直ぐに乗りこなした。

ただ食は細く、直ぐにお腹いっぱいと言っては残しがち

好き嫌いも多く、普通子供が好きそうな

果物やあんこ、ショートケーキが嫌いという、偏食者。

 

3姉妹の末っ子は4歳でまだまだ運動量も少ない

公園では上の二人について行こうと必死だがよく転ぶ

食事もまだ好き嫌いがはっきりないが

さすがB型!って感じの気分屋、同じものでも食べる日と食べない日がある。

 

と、まぁこういう感じの個性的な子供たち

今のところ痩せっぽっちな次女何かが足りていなく

成長が滞りそうな気がする。

 

 

 

私は158㎝決して世の中的に小さいわけではないが、一族のなかで一番小さい。

19歳下の姪には小学校の頃に抜かれ、

現在小6の甥にはそろそろ抜かれる予定。

恐らくこのまま行くと長女にも小学生の内に抜かれるであろう。

 

一族の中で一番小さいという事は母よりも小さいという事で、

姉、兄に続く3番目の私は中3で妹が産まれるまで

母にずっとチビちゃんと言われていた。

その妹にも最終的に中2で抜かれてしまったので

チビちゃんは舞い戻ってきてしまった。

あまり親よりも小さい子供は私の周りにいなかったので、

次女がもし私を抜く事が出来なかったら何だか不憫で仕方ない。

そこで、まずは身長をのばす事について調べてみた。

昔から小さい私を心配してか「牛乳、飲みなさい!!背がのびないよ!」

と※₂おばぁが言ってはコップ一杯に出されていた。

※₂おばあちゃん

 

「おばぁの時代は牛乳なんて味が無くて薄くて、美味しくなかったのによー

良い時代に生まれたさーねー。あんたたちよー」

とかブツブツ言われては無理やり飲まされていた。

今思えば、おばぁーの飲んでいたのは牛乳ではなく脱脂粉乳・・・

良い時代に生まれてよかったよ、おばぁー!

 

牛乳は嫌いではないが、割と姉、兄よりも沢山の牛乳を

飲まされたにも関わらず姉、兄の方が大きくなった。

という事は牛乳を飲んでも意味がない?

 

そもそも『牛乳=身長のびる、成長する』はどこでこうなったのか

牛乳には多くのカルシウムが含まれており、その吸収率は優れている。

カルシウムといえば=骨。骨に良いのだから=骨が伸びる?

というわけでもなさそうだ・・・

 

なぜならカルシウムはあくまで「骨を丈夫にする」栄養素らしい

「身長がのびる=骨をのばす」働きとは異なり、

カルシウムとマグネシウムを一緒に取る事で

カルシウムを吸収し骨にしっかり定着させ丈夫な骨が出来るわけだ

 

『牛乳飲む=身長のびる』説。おばぁの戯言か・・・

インターネットの普及していない時代の

風の噂による都市伝説の様なものなのか・・・

牛乳会社による策略か・・・

 

少し脱線してその都市伝説についても調べてみた。

マグネシウムは昆布やひじき、海苔などの海藻類に多く含まれ

昔ながらの日本人の食生活では和食によく取り入れられたので

マグネシウムは足りていた。

しかし、乳製品を食べる習慣がなくカルシウムが不足し骨が丈夫ではなかった。

そのため、カルシウムを豊富に含んだ牛乳などが

国ぐるみで推奨されたというわけだ

なるほど、つまりその時代に丈夫な骨を作る=身長のびる

という風に変わっていったのであろう。

じゃぁ身長がのびるのは???

 

「骨を丈夫にする」のがカルシウムだとすれば、

「骨をのばす」栄養素となるのはタンパク質。

筋肉や血液などを作るだけでなく、新しい骨を作り出すための

材料としても必要な栄養素となっている。

 

子供にもやっぱり必要なタンパク質。

タンパク質が豊富に含まれているのは肉や魚、大豆などの豆類。

肉類にはタンパク質も豊富に含まれているが、一緒に脂肪も取ってしまう。

脂肪を取りすぎると肥満につながり身長ののびを阻害する原因になるので

やっぱり魚、豆類と合わせてバランス良くとるべきなんだな。

 

つまり、タンパク質とカルシウムを上手にとってあげる事が

丈夫な骨を作りながら高身長を目指せる近道ってわけだ。

とはいえ、子供の成長にはたくさんの栄養素が必要で

カルシウムやタンパク質だけでなく、それらが機能するための

他の栄養素も一緒に摂ることが大切。

いろいろな種類のものをバランス良く食べることが重要!

 

という結果に!!!

基本となる食事に加えてどんなサプリがいいのか悩むところ。

子供達にとって良い食生活、食育への探求は尽きないのであった・・・

続く・・・

vol.2 子供にプロテイン!必要?~子供とプロテインの噂話~

2018.06.28

vol.3 子供にプロテイン!必要?~子供のプロテイン活用法~

2018.06.29