ベータグルカン

 betagurukan

ベータグルカン(10カプセル) : 2036円(税150円)

 

ベータグルカンはパン酵母の細胞壁から抽出された高分子多糖体でいわゆる糖鎖成分というものにあたります。

糖鎖成分は、酵母やきのこなどに含まれる多糖類で、食べても胃腸で分解消化されず、腸にたくさんある免疫担当細胞に働きかけ免疫力を高める為、研究が進められています。

免疫担当細胞に働きかけ免疫力を高める為、研究が進められ、 現在では世界中で6,000件以上もの論文があるほどです。

日本では製薬会社が国立ガンセンターと共同でシイタケからベータグルカン:糖鎖成分の一種である純粋なレンチナンを抽出・精製する手法を開発しました。

beta001

写真の様に、従来のベータグルカン(βグルカン:糖鎖成分)はタンパク質などの不純物があり、着色があり、酵母の臭いも残っています。比べて当社の大量の活性水素水で抽出したべータグルカン(βグルカン:糖鎖成分)はより純白で、タンパク質の含有量はほとんど無く、無臭です。
本来ベータグルカン(βグルカン:糖鎖成分)の色は白く、臭気も無いため、見た目や臭いからも、純度の高さが確認できます。

一般的にアガリクス、シイタケ、ハナビラタケなどのキノコの粉末やフコイダンなどがベータグルカン(βグルカン:糖鎖成分)として販売されていますが、これら健康食品には約10%程度のベータグルカン(βグルカン:糖鎖成分)以外にたんぱく質や脂質などの不純物が含まれているのが現状であり、輸入されて国内で充填されているだけの商品も多いのも特徴です。

ベータグルカン(βグルカン:糖鎖成分)は安全性とともに純度の高さなども重要な要素です。
タンパク質や脂質を完全に取り除き、抽出されたベータグルカン(βグルカン:糖鎖成分)こそ高品質と言えます。

商品

原材料名 パン酵母加工食品 栄養成分表示 水分 5.8g、タンパク質 5.8g、脂質 0.6g、炭水化物 87g、灰分 0.8g、エネルギー 202.8kcal

 

この商品を購入する

関連記事

  1. チアシード 100%
  2. 【販売終了】レスベラトロール
  3. ピュアホワイト ベータグルカン
  4. フコキサンチン
  5. アルプロンA

アルプロン公式 SNS

PAGE TOP