アルプロンA

アルプロンA(90カプセル): 3980(税込)

名   称
アルプロンAエース
原 材 料
ギャバ:690mg、ペプチド:5400mg
内 容 量
カプセルタイプ・90cp入り
保存方法
直射日光を避け冷暗所に保存して下さい。

GABA(ギャバ)ペプチドとは

 発芽玄米のに含有されていることで脚光を浴びている成分、それが通称GABA(ギャバ)といわれています。正式名称はγ-アミノ酪酸(ガンマ アミノラクサン)または4-アミノ酪酸(IUPAC名 4-aminobutanoic acid)です。アミノ酸の一種ですが、たんぱく質を形作っている20種類のアミノ酸とは異なり、特に哺乳動物の脳や脊髄に存在しています。1950年に哺乳類動物脳から抽出されてから数多くの研究がなされ、中枢神経系における代表的な抑制性神経伝達物質として機能していることが分かっています。そして、GABAは植物(漢方)にも含有することが知られており、高血圧症の改善物質としても用いられてきました。また、医薬品としても使われているGABA(ギャバ)は、厚生労働省の通知する日本国内での食薬区分は、2001年以降食品の成分と定められています。

GABA(ギャバ)ペプチドの働き

 GABAは体内で主に抑制系の神経伝達物質として脳内の血流を活発にし、脳への酸素供給量を増加させ、抗痙攣作用、抗不安作用、脳の代謝機能亢進するはたらきがあることがわかっています。このため、脳内のギャバが不足するとイライラするのをはじめ、さまざまな体調不良や大きな病気の原因となってしまう場合もあるといわれています。現在ではトップアスリートのストレス対策にも用いられたりしています。

 そのほかGABAは刺激に応じて放出され、神経伝達作用だけでなく、血圧上昇抑制作用、腎・肝機能活性化作用、記憶改善作用、アルコール代謝促進作用、消臭効果作用、肥満防止作用など、多くの研究結果が報告されています。すべての研究で十分に科学的に証明されているわけではないので今後の研究が期待されています。

アルプロン製薬のアルプロンAエースとは?

 アルプロン製薬の酵母技術を駆使して得られたGABAペプチドは酵母から乳酸菌の力をかりることで生成しております。GABAペプチドを多く含んでいるといわれている発芽玄米と比較すると、その含量のなんと

220倍

にもなります。
(『アルプロンAエース』1粒で発芽玄米を茶碗一杯分相当)

また、GABAペプチド高含有製品である『アルプロンAエース』はACE阻害活性を有するペプチドや必須アミノ酸も良好に含んでいます。
そして、弊社の得意分野でもある発酵により得られたエキスには高い抗酸化作用を持つ成分が多く含有されていることが確認できています。(試験データ参照)

これらの成分により抗酸化作用ならびにACE阻害作用による血圧低下がラットにより確認できました。(下図参照)

【ご注意】
開封後は封をしっかり閉めて、直射日光や高温多湿の場所を避けて 保存してください。

○体質や体調に合わない場合があります。その場合は、ご利用を控えてください。
○食品アレルギーのある方や疾病などで治療中の方、妊娠中の方がご利用の場合は、事前に医師へのご相談を
お願いします。
○1日の摂取目安量は守ってください。
○お子様の手の届かない所に保管してください。
○酸化防止剤と乾燥剤を口に入れないでください。
○本品は自然素材からの抽出物ですので、色調等異なる場合がありますが、品質に 問題はありません。

この商品を購入する

関連記事

  1. ピュアホワイト ベータグルカン
  2. フコキサンチン
  3. 【販売終了】レスベラトロール
  4. ベータグルカン
  5. チアシード 100%

アルプロン公式 SNS

PAGE TOP