よくあるご質問

アルプロンについて

アルプロンとは?

当社はプロテイン・スポーツ栄養食品製造を専門とし、お互いの成長に全力を尽くしている会社です。
世界中にある数百種類のプロテイン・アミノ酸原料、香料、甘味料の品質選びから始まり、プロテイン加工、配合、その加工手順など、高品質の提供にベストを尽くしております。
また、「良いものをより安く」の合言葉にひとりでも多くの方に喜んでもらえるコスト&パフォーマンスを徹底追及している会社です。

【 社名の由来 】
Accordance 調和
Liberty 自由
Prosperity 繁栄
Reality 本質
Obvious 分かりやすい
Nature 自然

ALPRONの名前の由来は、このキーワードから来た造語です。
世界のどこの言語にもなかったALPRONという言葉を生み、世界中に広めるように反映してていきたいという想いでこの名前にしました。日本の五十音は、あ(a)ではじまり、ん(n)でおわります。
たった一度しかない人生をはじまりから、終わりまで、全力で悔いなく生きて行こうという意味でもあります。

どんな選手がアルプロン製品を使っている?

アルプロン製品はスポーツにひたむきなアスリートが使用しています。サッカー、バスケ、ボクシング、陸上、パーソナルトレーナーなど様々な競技団体の栄養サポートをさせて頂いてます。

スポンサー・アンバサダー
アスリート情報はこちら▶

なぜこんなに安いの?

一人でも多くの方にアルプロン商品を飲んでいただきたいために、広告費用・卸価格・スポーツ用品店・利益分等、30%~40%削っており徹底したコスト削減に取り組んでおります。具体的な取り組みのひとつに、弊社は島根県に自社工場を持ち、原料調達から販売まで自社グループで一貫して行っております。

品質は大丈夫?

【徹底した衛生管理】
島根県の奥深い山々と美しい水、澄んだ空気に囲まれた工場で徹底した衛生管理マニュアルに基づき製造しております。

【FSSC22000食品安全認証スキーム取得】
株式会社アルプロン島根工場は2017年9月14日にFSSC 22000を取得いたしました。

FSSC22000とは?
FSSC(Food Safety System Certification)22000は、食品製造業界のあらゆる組織に向けた、食品安全システムの規格です。
世界の著名な食品製造業、小売業といった組織によってサプライチェーンマネジメントの指針として採用され、国内でも認証取得が加速しています。
これからもお客様の安全を第一に考え、ご利用いただけるように、取り組んでまいります。

プロテインについて

ウェイトダウンプロテインはなぜたんぱく質より炭水化物が多いの?

ポリデキストロースという食物繊維を多く含んでいるため
炭水化物の分類の内訳に食物繊維も含まれているのでたんぱく質より多い表記となっております。
また、甘味料、香味量など表示する際に炭水化物として載せる必要がございますのでたんぱく質より高い記載となります。

妊娠中、授乳中の摂取は問題ないですか?

妊娠中にプロテインは飲んではいけないという事はないですが、妊婦さんや授乳中の方は通常時と体調が異なる場合が多く、プロテインやサプリメントを飲むことによってどのような影響がでるか安全性のデータが十分ではないのでかかりつけ医にご相談の上、ご使用をお願い致します。

水の量を多くしたらたんぱく質の含有量が下がる事はありますか?

水分量で含有量が下がる、成分が変わるなどございません。

サプリメントと混ぜて飲んでも大丈夫?

問題ございませんのでご安心くださいませ。
サプリメントと併用して栄養補給している方は多くいらっしゃいます。

アルプロンのプロテインはドーピング検査に引っかりますか?

ドーピングについてですが、原料メーカーでドーピング検査した物を全て使用しており 自社でのアンチドーピング機構への再検査は現在していない為アンチドーピングのマークが ないのが現状となります。 オリンピック選手も弊社商品を使用していただいておりますが もし気になるようでしたら アンチドーピングのマークがある商品を使用して頂くのが宜しいかと存じます。 イズモO2プロテインはアンチドーピング認識プログラムインフォームドチョイスで承認されました!

子どもがプロテインを摂っても大丈夫?

大人に比べてカラダが小さい子どもでも成長の為にはたくさんの栄養素が必要です。特にスポーツをしている子どもはより多くのタンパク質が必要です。食事でまかなえない分のタンパク質はプロテインで補う事をおすすめしております。

高齢者も飲んでいいの?

年をとると食が細くなったり、脂っこいお肉などを避ける傾向にあります。タンパク質の源となる肉などを中心とした食事をせず、粗食が中心になると、かえって老化が進み、栄養不足に陥ります。そこでプロテインを活用する事をおすすめしております。

プロテイン製品は牛乳や水以外で飲んでも良いですか?

基本的に清涼飲料類であればプロテインを溶かしてお飲みいただけます。味が合わない場合などがあると思いますので、少しずつ試してお飲みいただくことをお勧めします。熱い飲み物で溶かすとふき出る場合や、溶けずにダマになる場合がありおすすめできません。

水と牛乳だとどちらがいいのか。

牛乳ではそれに含まれるたんぱく質だけではなくカルシウムやマグネシウムなど、運動をする方に必要なミネラル類も摂ることができます。無脂肪や低脂肪の牛乳を使えば、余分な脂質を抑えることができるのでおすすめです。

一方、水は手軽であることと、必要以上な脂肪分を摂ってしまうのを防ぐことができるなどの理由からおすすめしています。糖質やビタミンCを同時に摂取したいという理由で、オレンジ100%ジュースに溶かす方もおすすめです。

プロテイン製品を溶けやすくする方法はありますか?

先に飲み物を入れていただき、その後にプロテインを入れて混ぜてください。順序が逆になると、溶けやすさが少し損なわれます。シェイカー(別売り)を用いる方法がもっとも手軽で溶けやすいです。その他に、フルーツジュースなどをつくる要領でジューサーを使用する方法もあります。

トレーニングや運動をしない日もプロテイン製品は飲む方が良いのでしょうか?

全く運動をしていない日々が長く続くような期間は別ですが、トレーニングしない日も、身体は前日などのトレーニングからの継続状にあるので運動しない日でもトレーニング期には充分な量のたんぱく質を摂取していただくことをおすすめしています。食事やプロテインから摂るたんぱく質の量は、現役のアスリートならば1日に体重1kgあたり2gと考えてください。

プロテイン製品は開封後どれくらいもちますか?

開封後は3ヶ月を目安に、できるだけお早めにお召し上がりください。
保存方法は、直射日光の当たらない、湿気の少なく、涼しい場所に保管するようにしてください。

自分に合ったプロテイン製品の選び方を教えてください。

競技の種類、特にどのような運動を行うかで異なります。
簡単に説明させていただきますと、

筋肉を大きくしたい爆発・瞬発系トレーニング
→牛乳を精製した動物性のプロテイン(ホエイプロテイン)

何度も激しい運動を続けなければならないパワー持久系トレーニング
→持久系では大豆を原料にした植物性のプロテイン(ソイプロテイン)
となります。

プロテインは、アスリートによって好みが異なるので、
色々な種類を試していただき自分にもっとも合うタイプを選ぶことをおすすめします。

プロテイン製品を運動後に飲むために、牛乳に混ぜて持ち歩いてもよいですか?

作り置きはしないでください。
変質したり栄養価が低下したりします。
衛生的にも良くないので、飲む直前に作ってください。

プロテイン製品は運動前と後、どちらに飲むのが良いのでしょうか?

運動後30分以内に速やかにお飲みください。
運動でダメージを受けた身体はリカバリーするための材料となる栄養素を欲しがっています。

ホエイプロテインとは?

ホエイプロテインとは、動物性たんぱく質が豊富に含まれている、非常に栄養価の高いプロテインです。消化と吸収が早く、人間を構成しているタンパク質に最も近いと言われ、トレーニング後のタンパク質補給や栄養補給としてもとても優れています!

WPCとは?

WPCとは「Whey Protein Concentrate」の頭文字を取ったもので、「濃縮乳清タンパク質」という意味になります。原料となる乳清を特殊な方法でろ過することにより高濃度のプロテイン(タンパク質含有量約80%)を作ることができます。ただ、乳糖も含まれるので、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロなる人(乳糖不耐症)にはWPIがオススメです。

WPIとは?

WPIとは「Whey Protein Isolate」の頭文字を取ったもので、「分離乳清タンパク質」という意味になります。WPCで分離したタンパク質をイオン交換という技術によって、さらに高純度のタンパク質にする方法で不純物をほとんど含まない純度の高いタンパク質(タンパク質含有量約90%)が精製できます。乳糖を取り除くので牛乳を飲むとお腹がゴロゴロなる人でも飲んでいただくことが可能なプロテインです。

アミノ酸スコア100とは?

必須アミノ酸がその食品のタンパク質にどれだけ十分に含まれているのかを100点満点で表したのがアミノ酸スコアなんです。100点に近ければ近いほど必須アミノ酸がバランスよく含まれているということです。つまり、アミノ酸スコアが100に近いタンパク質ほどたくさん摂るべきでしょう。

プロテインはいつどのぐらい飲むの?

【 召し上がり方(1食分) 】
水または牛乳、「ホエイプロテイン」なら80ml〜100ml 、「大豆プロテイン」なら180ml〜200mlに付属のスプーン2杯(約20g)を溶かす。別売りのプロテインシェイカーを使用すると溶けやすく手軽にプロテインを摂取できます。 ※量は、お好みに応じて調整して下さい。 ※牛乳または水に溶かした後は、速やかにお飲みください。

【 おすすめの摂取ポイント 】
目安:1日2回(約40g)運動後の30分間はカラダ作りにとってのゴールデンタイム、特にオススメの時間帯です。また、カラダが作られる就寝前やタンパク質の不足しがちな朝食の補助にもオススメです。

プロテイン=たんぱく質?

人間のカラダは「たんぱく質」からできている

筋肉や骨、血液、内臓、皮膚、髪、爪にいたるまで、たんぱく質によって構成されています。女性が気になるコラーゲンもたんぱく質のひとつです。たんぱく質が不足すると免疫力が弱まり、体調を崩しやすくなったり、疲労回復の遅れや貧血、ケガなどを引き起こす可能性が高まります。健康維持のためにも、たんぱく質の摂取を心がけましょう。

その他ご質問はこちら

営業時間 10:00〜17:00(土日祝休み)